ドイツ軍の変態機…もといユニークな形の飛行機を紹介します。

 ・ドイツ「ナチスの戦闘機などを紹介するわけだが…決してナチスを賛美しようとか、特定の民族・団体などを批判するつもりはありません!俺は誓ってヘイトスピーチはやってません!本当です!」

・フランス「↑ジタバタすんじゃねぇや!」


――――――――――――

ザック AS-6

ドイツの農民でアマチュアエンジニアのアルトゥール・ザックが製作した円盤のような飛行機。

飛行機コンテストにこれの模型を出場させたら、空軍大臣エルンスト・ウーデットの目に留まり、「イヤだ//丸くて可愛い♥」ってな感じで本格的な制作が始まる。

結果としては安定した飛行を実現できなかったそうな。

ザック2












ホルテンHo229

まるで後の「ステルス戦闘機」のような形をした爆撃機。

主翼は木製で、塗料や接着剤には電波を吸収する炭素粉が混ぜられており、「世界初のレーダーステルス機」とも言われている。

色んな派生型を制作していたが、ドイツが敗戦し、製作も打ち切られた。

ホルテン






ちなみに、これの改良型「Horten H XVIII」は…搭乗員3名で、マッハ0.75で飛行し、アメリカ本土を直接爆撃可能なものだったらしい。

まあ、結局これの制作も途中で中止になった。

ホルテンXVⅢ





proposed Horten H XVIII flying Horten H XVIII im Flug
myself - own drawing(WIKIより)



トリープフリューゲル

ロケットに翼をつけたような戦闘機。

離陸時には、翼を回転させてヘリコプターのように垂直に浮くんだそうな。

しかし、本当に水平飛行するのか謎 着陸できるのかも謎、本当に離陸できるのかも謎…というシロモノであった。

そんなこんなで、この機体はドイツ敗戦と共に、設計段階で終わる。

しかし、後のVTOL機、「ヘリコプターのように垂直に離着陸できる飛行機」の研究には役にたったそうな。

トリープヒューゲル






ハインケル He111Z

大型輸送軍用グライダー「メッサーシュミットMe321」の牽引用に爆撃機「He111」を横に2機「連結!」した機体。

連合軍兵士を『妖怪双子飛行機だ!』と戦慄させたとか…

ツヴェリング





arqueologia aerea , el he 111 zwillig de 1942
SCIFIQAZ2(TARINGA!
より



リピッシュ
 P.13a

エンジン搭載の空飛ぶ合体三角定規ィ!

石炭でマッハ2.6ぐらいを出すそうな!

おかしな形だけど、最近の研究では「マッハ2.6を出しても安定性のある設計である」と言われている。

縦に置いたら花瓶に出来そう。

リピッシュ




Modellfoto Lippisch DM1 und P13a

JuergenKlueser - Eigenes Werk(WIKIより)



ドイツの技術も世界一ィィィィ!!!!
きめぇドイツ