参考にしたサイト
イギリス料理(ニコニコ大百科)



・フランス「イギリス料理は不味い」

・アメリカ「ハイ、差別ぅぅww」

 

・・・・・・?

 

・フランス「ちょ、ちょっと待ってください!俺は誓ってヘイトスピーチはやってません!」

・アメリカ「ジタバタすんじゃねぇや!」

・ドイツ「往生際が悪いんじゃァ!」

・スペイン「全イギリス人に謝罪せぇや!」

 ・イギリス「怒ってないけど、面白いから黙ってよう。」

――――――――

 

○○国の料理は不味い」といっても、

大体は、その国の食習慣に外国人が馴染めないだけのことが多い。

日本のビールとドイツのビールの味は違うし、

日本のラーメンと中国のラーメンも味は違う。

 

しかし、イギリス料理の場合は、
イギリス人自身が自認・自虐ジョークをしている。

▶イギリスの小説家サマセット・モーム

「イギリスで美味しい食事をとるならば3食朝食を食べるべき」

▶イギリスの首相ウィンストン・チャーチル

「大英帝国は全世界にあらゆる食べ物を提供してきた。ただし、調理前(Before cooking)ですよ」

▶イギリスのジャック・ストロー外務大臣

フランス大統領ジャック・シラクがスコットランド料理「ハギス」を例に挙げ、
「ひどい料理を食べるような連中は信用がならない」と述べた際…

・ストロー「ハギスに関しての意見はもっともだ」

と言って、フォローしたとか…

・スコットランド「↑フォローになってねェぞオラァン!」

・フランス「誓ってヘイトスピーチはやってません!」

・イギリス「ジタバタすんじゃねぇや!」

・フランス「あ、アレ?怒ってないんじゃ…?

・イギリス「気が変わったーッ!


と言っても、不快に感じるイギリスの人もいるだろうし…

イギリスの外交官ティモシー・ヒッチンズが駐日英国大使だった時には・・・
20122017年)

大使館の広報部マーケティングマネジャーが
「英国の食べ物はまずいという、10年ほど前にいわれていたことが、日本では都市伝説化している」と指摘。

そして「イギリス料理はまずい」という固定観念が広まっていることを問題視している。

そのため、イギリス料理に対するイメージ改善を図り、
日本にイギリスの食文化を普及、発展させようと力を注いでいる。


・イギリス「…つまり、自認してるとはいえ、あまり“マズイマズイ”って言わない方が良いって事よ。」
・アメリカ「どうしても言いたかったら、サウスパークとかシンプソンズを参考にしろ。」
・フランス「えげれす たべもの オソマ。」
・アメリカ「




「イギリス料理はヒンナヒンナ!」
アシリパ2










――――――――――

―――――――