今回はFGOにおける沖田総司
の台詞の元ネタを解説してみます。

Fateネタよりも幕末ネタなど中心に解説しています。

なお、解説には間違いがある場合があります。

ご注意ください。


―――――――――――――

▶マイルームでの会話1(暇を持て余した…)

「何もすることがないと暇を持て余してしまいますね。
マスター、見回り行きませんか、見回り!」

たかが「見回り」と侮るなかれ!
見回りも新選組の立派な任務!

他にも新選組の主な任務は、
不審者や犯罪者の捜索・捕縛、見回り(巡察)や警備など…
今の警察の仕事とそれなりに似ている。

見廻る場所は、
新選組の管轄である「祇園や伏見など」の町人街・歓楽街だよ。

ちなみに、もう1つの治安維持組織「京都見廻組」は、
主に京都御所や二条城周辺の官庁街を管轄していたよ。


 


―――――――――――――

▶マイルームでの会話2(主従関係について)

「主従ですか…? 
うーん、正直よくわかりません。
近藤さんや土方さんは身内のようなものでしたし…
あ! できれば、マスターともそうありたく思います!」

沖田ちゃんが9歳の頃から、
近藤勇や土方歳三とは「天然理心流」という剣術道場「試衛館」での同門関係だったよ。

その後も、ほとんどの期間を共に過ごしているから…
その関係は「身内のようなもの」だったんだろうね。

漫画や小説でも、かなり仲良しに描かれているよ。

でも、もしかしたら部隊の規律のために、
上下関係がしっかりとしていた可能性もあるよね。




―――――――――――――

▶好きなこと

「好物ですか?
お団子とか金平糖、
甘い物は割と好きですね。
あ、せっかくなので今から食べに行きませんか?」

小説などでは、
沖田ちゃんが団子や金平糖を食べているシーンがよく描写されるけど…

とくに「甘いものが好き」という資料はないみたいだよ。

「子供が好きで、よく遊んでいた」という逸話があるから…
「じゃあ、甘いもの好きだろ!」っていう感じで創作されてきたのかもね。

 

―――――――――――――

▶聖杯について

「病弱が治るんですか!?
やったー!
……え?英霊としてのスキルは治らない?
願いが叶うって言ったじゃないですか!
ウワーン!」

Fateにおける沖田ちゃんは、スキル『病弱』の影響で打たれ弱いよ。

史実における沖田も「病気」だったけど…「
病弱・病気になりやすい体だった」かは、謎だよ。

「子供の頃から、病気がちだった」っていう資料はないみたいだし…

ちなみに、沖田ちゃんが体調の悪化により、
第一線で活躍することがなくなるのは、1867年以降とされている。



―――――――――――――

 
▶絆レベル1(天才剣士)

「天才剣士……ですか?
うーん、そういうつもりもないのですが。
大体、斬りあいなんて気合が全てです。
剣が折れたら鞘で、鞘が折れたら素手で。戦場では誰も待ってくれないんです。
とにかく気合ですよ、気合!」

沖田ちゃんは、天才剣士として有名だね。

沖田に剣の指導を受けた人によると「荒っぽくて、すぐ怒る」そうで…
稽古はとても厳しく、
師範の近藤より恐れられていたそうな…

他にも「刀で斬るな!体で斬れぇい!」と教えていた、
という逸話もあるから…

史実の沖田ちゃんが「斬り合いは気合じゃい!
と考えていたとしても不思議じゃないね。

 

―――――――――――――

絆レベル2(恋愛について)

「色恋沙汰、ですか?
うーん、私はそういうのには疎いみたいでなんとも……。
土方さんはそういうの大好きみたいでしたけど……
というか、やりすぎでしたけどっ」

土方さんは、当時からモテモテで…死後もモテモテで有名。

たくさんの女性からの恋文をまとめて、
木箱に入れ「つまらぬ物」と書き記し、
仲間に送って自慢したりしている。

そして、現在においても…
沖田ちゃん同様に「歴史好き・アニメファンなどの女性」に大人気。

・近藤勇「俺は!?」

沖田ちゃんの色恋沙汰…
または女性関係は不明な点が多いけど…
一応、土方たちと一緒に遊女を買ったりもしていたそうだよ。

また「自分が好意を持っている女性の話」になると、
とても真面目に話したとか…

ちなみに、史実の沖田総司は男性です…念の為。


―――――――――――――

 ▶宮本武蔵所持時の台詞

「あなたがかの有名な『二天一流』宮本武蔵さんですかー!
ハイ、同じ女剣士としてよろしくお願いしますともー!
……え?
武蔵さんって女だったんです!?」

完全に「お前が言うな状態」だね…

Fate以外で、沖田総司を女体化させた作品で有名なのは
『幕末純情伝』という1989年の小説があるよ。

沖田ちゃんや土方さん、坂本龍馬も巻き込んだ恋愛作品!

逆に「宮本武蔵を女体化させた作品」は少ないような…

まあ…「Fateは偉人や神様を女体化し過ぎ」っていう批判はあるけど…

こういう自由な発想が日本文化を発展させていったわけで…
ひいては国そのものをですね…

ああもうメンドクセェ!とにかくカワイイは正義なの!

 

―――――――――――――

▶土方歳三所持時の台詞

「お、土方さーん。
土方さんもこっちに来たんですねー!
これは斎藤さんや永倉さんもいずれは……
え? そういうのはいい?
またまたー、素直じゃないんですからー」

斎藤一が三番隊組長で、永倉新八が二番隊組長だね。

漫画『帝都聖杯奇譚』における斎藤さんは、
「桜セイバー」こと沖田ちゃんに「誠の旗」で召喚され、
「魔人アーチャー(ノッブ)」に牙突を行った模様…

永倉さんは…出てないみたい。ざんねん。

ちなみに、新選組隊士であった阿部十郎は、
剣術の腕について「一に永倉、二に沖田、三に斎藤の順」と語っている…
3人ともメッチャ強かったんだね。



―――――――――――――

▶霊基再臨3の台詞

「お待たせしましたマスター、
やっと羽織が見つかりました!
ここからは最強無敵の沖田さんにお任せ下さいね!」

有名な水色の羽織…
「ダンダラ羽織」は最初の1年ほどで廃止されたらしい…

その後は、黒ずくめの服装だったそうな。

一方で、「ダンダラ羽織は廃止されてない」とか
「ケースバイケースで着用していた」とか
「水色はお金かかるから黒にした」などの意見がある。



―――――――――――――

宝具時の台詞

「一歩音越え、二歩無間、三歩絶刀!『無明三段突き』!」

沖田の得意技と言えば「三段突き」が有名だね。

これにはいくつか説があって…

「頭・喉・みぞおちの急所三か所を素早く突く」

「踏み込みの足音が一度しか鳴らないのに、その間に3発の突きを繰り出す」

などの説があるよ。

「フィクションだよ、こんなん」っていう意見もあるけどね。





「新選組じゃなくて…もっと別の…」
な方はコチラへ↓

沖田2










――――――――