―――これはぶっ飛んだギリシア神話の日常の物語である―――


あるとき…カリュドーン王オイネウスはその年の豊作を祝い、多くの神々に捧げものをした。

だが、どういうわけか女神アルテミスへの供物だけ忘れてしまう。

・オイネウス「サーセンw女神さまwwなんか忘れちゃいましたww」

・アルテミス「お前の街に巨大な猪をぶち込んでズタズタにしてやるよ。」

・オイネウス「え?」

オイネウスにブッチギレたアルテミスは、巨大な猪をカリュドーンに送り込んだ。

猪は田畑を、家畜を、人々を破壊しつくした。

そんなわけで、この猪を退治するために、オイネウスはギリシア中の勇士たちを集めた。

これに参加した紅一点がアタランテ…だが、彼女も本来アルテミスの信奉者なのであった…

「捧げもの忘れたぐらいで…」って思うかもしれないけど、これぐらいギリシア神話じゃ日常茶飯事だぜ!

 

●狩りは男のもの?

っというわけで、猪退治が始まるのだが…

仲間のアンカイオスとケーペウスが女性のアタランテに対し「女が狩りすんな、邪魔。」と、今なら大炎上間違いなしの発言をした。

そして言い返したアタランテ…ではなく、反論したのはオイネウスの息子メレアグロスである。

メレアグロスは「文句あるなら狩りを止めるよ!」と2人に反論し、アタランテの参加を強引に認めさせた。

…これは別にメレアグロスが「男女平等を目指していた」わけではなく…「単純にアタランテに一目ぼれしたから」である。

まあ、メレアグロスには奥さんがいるんですけどねー!

不倫もギリシア神話じゃ日常茶飯事だぜ!


猪狩り

さあ、いよいよ猪狩りだァ!

・メレアグロス「みんな!作戦通りにな!」

・アタランテ「猪はどこへ…。」

・ケンタウロス「あ!女の子だ!犯そーう!」

ケンタウロス2人がアタランテを犯そうとする⇒アタランテはこの2人を射殺す。


・ネストール「猪だー!逃げろー!」

「人間の3倍の寿命があるネストール」が猪に襲われ、木の上に逃げる。

・イアソン「槍だ!槍を投げろ!」

今度はイアソンとイピクレスが槍を猪に投げる!

だが、肩にかすり傷を負わせた程度だった!


・テラモーン「とつげきぃー!」

次はテラモーンとペーレウスが突っ込んだー!

だが、テラモーンが木の根につまずいてしまったぞー!

・テラモーン「ぎゃあああああ!?」

・ペーレウス「だ、大丈夫か!?い、今起こすから…!」

テラモーンを起こそうとするペーレウス!

そこへ猪の突進だー!

・テラモーン「きゃああああ!?」

・アタランテ「何やってんだ!」

すかさず、アタランテが矢を放つ!

矢は猪の耳のうしろに刺さり、猪は逃げだした…。


数分後・・・

再び猪の突進だー!

・アンカイオス「フッ!女に猪が退治できるものか。俺の腕前を見るがいい!」

勇敢なアンカイオスは猪の前に立ちはだかり、斧を振り下ろした!

・アタランテ「あ…!危な――」

アンカイオスは腹を突かれて死んだ。

・ペーレウス「うわあぁぁああぁ!?」

パニくったペーレウスが槍を投げる!

だが、槍は仲間のエウリュティオーンに当たる⇒エウリュティオーン死亡。

・エウリュティオーン「ごふぅ!」

・ペーレウス「す、すまん!」

・アムピアラーオス「こ、これでも食らえ!」

そのとき!アムピアラーオスの矢が猪の眼を射抜く!やっとマシな仕事をしたか

・メレアグロス「い、いい、い、今だ!槍を投げよ!」

そして、テーセウスとメレアグロスが槍を投げた!

テーセウスの槍は外れたが、メレアグロスの槍は猪の脇腹を貫いた!

痛手と刺さった槍のために猪がぐるぐる回る!

そこへ、メレアグロスが手槍でとどめを刺す!

…こうして、ようやく猪は退治された。


・メレアグロス「はぁはぁはぁ…!疲れた…」

・ペーレウス「…じ、事故だ…アレは事故なんだ…。」

・アムピアラーオス 「見た?私の弓矢の技を?」

・ネストール「……終わったァ!?(木の上から)」

・アタランテ「私のパーティー弱すぎ…!?」



「コイツら弱くね?」と思ったそこのお前!
アメリカ軍に入らないか!?

2