●ネロと宝具ネタ 「招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)」ってどんな劇場?


Fateシリーズにおけるネロちゃんの宝具は「招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)」
これは、生前のネロちゃんが自ら設計し、ローマに建設した建築物「ドムス・アウレア」を魔力によって再現したもの。
ラテン語で「ドムス」は「家屋・宮殿」、「アウレア」は「太陽」を指すが…Fateでは「黄金劇場」となっている…まあ、細けぇことはいいんだよ!
FGOでは「童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)」の名義で登場。
今回はそんな「黄金劇場」の歴史などを紹介するよ。


▶造られた年(西暦64年~68)
この劇場は、ネロちゃんが皇帝だった西暦64年に建造が開始され、68年に完成。
場所は古代ローマの中心部…現在のイタリアのローマ市にある「オッピオの丘」
この丘には他にもローマ帝国の領土を史上最大にした皇帝トラヤヌスの「トラヤヌス浴場」も存在している。


▶当時の黄金宮殿
当時のドムス・アウレアは「馬鹿でかい宮殿が1つある」というよりは…「馬鹿でかい宮殿の他に色々施設があった」というものだそうだよ。
庭園やプールに噴水、パーティー用の部屋もあったりしたから…
フランスのヴェルサイユ宮殿に近い感じだったのかもね。
さらに!ブドウ園や牧草地、並木道まであったらしいぞー!
宮殿って言うレベルじゃねーぞ!
そして!その全体的な大きさは、約300~100エーカー!
およそ東京ドーム20個分!って言われてもワカンネー!
客室は300室!
庭には全長30メートルの超巨大ネロ像があるのだー!

天井が開閉式で、しかも太陽の光が注いだり、バラが降ってきたりするドームもあるぞ!なんか奴隷を使った仕掛けらしいよ!


▶現在
現在のドムス・アウレアは結構崩れちゃってるみたいで…
修復したり、閉鎖されたりすることもあったよ。
だけど!2018年現在では、修復中の宮殿を観光したり、
当時のドムス・アウレアを再現した映像やVRでの体験も出来ちゃうみたいだよ!
つまりVR映像でネロちゃんの宝具を体験出来ちゃうんだよ!
「VRマシュ」ならぬ、「VR黄金劇場」だね!




ネロの黄金劇場2
何も言わず買ってくれェい!