セミラミス

・イギリス「今回はセミラミスを紹介するぜ。」
・イラク「なぜ、この時期にセミラミスなのだ?」
・日本「Fateという作品に登場するので…アニメも放送しているので…取り上げて欲しかったわけで…。」

セミラミスは、「アッシリア(メソポタミア、今のイラクあたりにあった国)」の伝説上の女王。
モデルは「サンムラマート(Shammuramat)」という、紀元前8、9世紀の王妃。


1悪女!

セミラミスことセミちゃんは、伝説によると…
セクシーで賢く、男好きで残酷という…
よくいる悪女キャラであったそうな。
アッシリア王ニヌスに寵愛され、息子ニニュアスを生んだけど…
そのニヌスを毒殺!これは「伝説上の最古の毒殺事件」といわれている…怖いお嫁さんだ。
最期は、息子ニニュアスに謀殺されたとか、鳩になって昇天したとか…色々ある。

他には「自由の女神のモデルの1人」という説がある。
「自由の女神のモデルは、フランス共和国を象徴する女性像・擬人化した“マリアンヌ”だ!」とUSAあたりは言いそうだけどな。


2王様との恋

セミちゃんには、王様との恋愛物語がある。
恋愛と言っても不倫なんだが…
セミちゃんは、イケメンのアルメニアの王様「アラ」に胸キュンし、告白!
しかし、拒否られたので、戦争をふっかける!
だが、戦いの中でアラは戦死。
悲しんだセミちゃんは、黒魔術のトンデモパワー!でアラを復活させようとした。
その後、アルメニアの民衆がセミちゃんにブチギレて攻撃を開始!
すると、セミちゃんは「アラは復活して、私の愛人になったのよ~!オホホホ!」と触れ回った。
だが…アラは復活していなかった…
愛に狂った女性の悲しいウソであった。


3空中庭園

セミちゃんは、「世界の七不思議」の1つ「バビロンの空中庭園」を造らせた、と言われている。
バビロンの空中庭園とは、かつてイラクあたりに存在したとされる高台にある庭園。
本当は、セミちゃんじゃなくて、「新バビロニア王国のネブカドネザル2世が造らせた」という説があるが…これは諸説あり。
何でも、ネブカドネザルの奥さん「アミュティス」が「ホームシック、または結婚を嫌がった」ので、彼女を慰めるために造った……そうな。
セミちゃんにも、「庭園のために馬鹿でかい用水路・灌漑を作った」というような伝説がある。

古代の色んな人間が「庭園」について言及していが…ぶっちゃけ、分からない事が多いから…
どんな庭園だったかは謎だ。
最終的に「アケメネス朝ペルシア」に破壊されたとか、アレキサンダー大王の時代にはもう無かったとか…
ちなみに、ここでいう「七不思議」とは「ビザンチウムのフィロン」という古代ギリシアの数学者が、紀元前225年ごろに提案したものだ。
彼が提案したのは…
「ギザの大ピラミッド」
「バビロンの空中庭園」
「エフェソスのアルテミス神殿」
「オリンピアのゼウス像」
「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」
「ロドス島の巨像」
「バビロンの城壁」の7つだ。

この中の「バビロンの城壁」は、新バビロニア王国で作られた「イシュタル門」を含む大規模な城壁だったそうだけど…
後世になって、アレキサンダー大王が建造した「アレクサンドリアの大灯台」に新しい七不思議として、差し替えられちゃう。

・日本「……伝説自体は意外と地味でしたね。他の女神と比べてですが。」
・イギリス「まあ、悪女系の女神は多いからな。ギリシアのアテナも戦いの神とかいって、結構あくどい事してるし。」
・イラク「…そのFateという作品はアニメか?面白いのか?」
・日本「現在放送している『Fate/Apocrypha』は小説が原作です。セミラミスはサーヴァント…英霊として活躍します。」
・イラク「…ハレンチな描写や残酷表現は?」
・イギリス「あるに決まってんだろ、日本のアニメだぜ?」
・日本「日本はそういうアニメだけじゃありませんよ!?プリキュアのような全年齢向けの健全なアニメもあります!」
・アメリカ「プリキュア!?18禁エロ絵がたくさんネットにあるあのプリキュア!?」
・イラク「なに!?」
・日本「(言いわけが思いつかない)」