(以下の内容は『イギリスさん誕生の日』の一部です)

・アーサー「タイトルからして、もう負けそうだよね。」

・源義経「むう・・・。」

・ロングシャンクス(エドワード1世)「俺はウェールズへ4度にわたって遠征を行う。なかなか手強い・・。」

・アーサー「対するウェールズ軍を率いたのがルウェリン・アプ・グリフィス!現在ではウェールズの英雄!!」

・ルウェリン・アプ・グリフィス「ご紹介、どうも。」

・アーサー「彼には“プリンス・オブ・ウェールズ”の称号があって、これはウェールズ大公国の支配者を意味しているんだよん。」

・義経「それがどうした。」

・アーサー「え?え~とね・・・。」

・グリフィス「プリンスの称号は1267年にイングランド王ヘンリ3世が私に認めていたものなのです。」

・義経「ほう、それはそれは。」

・グリフィス「ですが、エドワード1世は対等な関係ではなく、直接的な支配を望んだようで・・・。」

・義経「欲張りな奴ですな。」

・ロングシャンクス「全ブリテンの統一の為さ。」

・アーサー「圧倒的なイングランド軍の力にウェールズは敗北、グリフィスは捕えられてしまう・・・。」

・義経「おのれ!ロングセッ○スめ!!」

・ロングシャンクス「下ネタはNG

・アーサー1282年!!グリフィスは再び立ち上がる!!」

・義経「おおっ!!?」

・アーサー「そして再び倒される・・・。
グリフィスは戦死・・・。」

・義経Oh my 神様!!

・ロングシャンクスGodを言えよ。」

・アーサー「ロングシャンクスはウェールズを完全に掌握する・・・。」

・グリフィス「私の後もウェールズでは、この後15世紀にオウェン・グリンドゥルが大反乱を起こしますが、その鎮圧後には、大規模な反イングランド闘争はなくなりました。・・・。」

・ロングシャンクス「こちらとしてはありがたい。」

・義経「それはそうだが・・。」

・グリフィス1536年にはイングランドとの統合が宣言、州の設置などイングランドと同じ制度が施行されていきました・・・。」

・ロングシャンクス「良かったじゃないか。」

・義経えぇぇい!!

いちいち(かん)にさわる
ヤロ――だ!!!!!

・ロングシャンクス「ふ、フン!何か文句が?」

・アーサー「まぁまあ、落ち着いて!

その後のイングランド王朝の家臣団の中で、全員ではないけど、ウェールズ人が重要な地位を占めているんだ!つまり、ウェールズはイングランドに対して強い影響力を残していってことだよ!」

・グリフィス「そうです!ですので、お気持ちは嬉しいですが・・・怒らないでください・・・・・。」

・義経「・・・・・・すまない・・。少し、興奮し過ぎた・・・。」

・ロングシャンクス「良いってことよ・・・(焦ったぁ)」

・義経「ところで、グリフィス殿には弟がいたとか。

兄であるあなたが戦死した後、弟はどうなされた?」

・グリフィス「エドワード1世に捕まりました・・・。」

・義経「・・・!!」

・ロングシャンクス「首吊りの後、腹の中をかきだして、四つ裂きにしたぜ。」

・義経ゆ…ゆ……ゆるさんぞ…………よ…よくも……よくも……。

・ロングシャンクス「奴の家族も処刑にしたぜ。」

・義経いいかげんにしろ……このクズやろう……。

・ロングシャンクス「次はスコットランドだぜ。」

・義経オレは
おこったぞ―――!!!!!

ロングシャンクス―――!!!!!!

・アーサーヨシツネ君の髪が金色に・・・!?

まさか!?伝説の(スーパー)サムライ人・・・!!?

・グリフィス「何すかそれ。」

赤い竜・イラスト提供者
にゃんこ(pixivより)